ページの先頭です。
本文へジャンプする。
講習会・研修会
開催日程・空席状況 Web申込みはこちら
マイページを確認
Web申込みヘルプ
講習会開催状況 通常通り開催

特別管理責任者講習会修了者専用ページ

廃棄物処理法の改正の経緯

平成25年改正

特定の施設から排出される廃油(廃溶剤(1,4-ジオキサンに限る))(表1)及び特定の施設(表2~4)から排出される一定濃度以上の1,4-ジオキサンを含むばいじん、汚泥、廃酸又は廃アルカリを、特別管理産業廃棄物に追加した。また、一定濃度以上の1,4-ジオキサンを含む燃え殻及びばいじんについては、遮断型最終処分場へ埋立処分を行うものとするなど、埋立処分基準等の整備が行われた。

表1.特定有害産業廃棄物の判定基準
spw


表2.特別管理産業廃棄物排出源別一覧表(ばいじん、燃え殻)


表3.特別管理産業廃棄物排出源別一覧表(廃油)


表4.特別管理産業廃棄物排出源別一覧表(汚泥、廃酸、廃アルカリ)








平成27年改正

1.PCB使用廃安定器は、コンデンサ以外の部位にもPCBによる汚染が生じていることが判明したため、分解・解体作業を原則禁止することとした。 PCB廃棄物の燃焼条件について、低濃度PCB廃棄物に限り850℃以上で2秒以上滞留することに変更した。
2.廃水銀等(特定の廃水銀及び廃水銀化合物)及びその処理物を新たに特別管理廃棄物に指定するとともに、処理・保管の基準が追加された。
廃水銀等及びその処理物とは、次の①~③に該当する廃水銀等及び当該廃水銀等を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)である。
①次表の施設において生じた廃水銀等であって、水銀使用製品が産業廃棄物となったものに封入された廃水銀等を除くもの。
施行規則別表第1
1 水銀若しくはその化合物が含まれている物又は水銀使用製品廃棄物から水銀を回収するための施設
2 水銀使用製品の製造の用に供する施設
3 灯台の回転装置が備え付けられた施設
4 水銀を媒体とする測定機器(水銀使用製品を除く。)を有する施設
5 国又は地方公共団体の試験研究機関
6 大学及びその附属試験研究機関
7 学術研究又は製品の製造若しくは技術の改良、考案若しくは発明に係る試験研究を行う研究所

②水銀若しくはその化合物が含まれている産業廃棄物又は水銀使用製品が産業廃棄物となったものから回収した廃水銀。(なお、水銀使用製品の破損により漏洩した廃水銀は該当しない。)
③上記①又は②に該当する廃水銀等を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。) 環境省令で定める基準とは、水銀の精製設備を用いて行われる精製に伴って生じた残さであること。施行日は、平成28年4月1日。

平成28年改正

トリクロロエチレンの排水基準を見直す水質汚濁防止法令の改正を受け、トリクロロエチレンを含む廃棄物が特別管理産業廃棄物に該当するかどうかの判定基準などを厳格化し、一部を除き、平成28年9月15日から施行された。