ページの先頭です。
本文へジャンプする。

EDI方式のご案内

EDI方式とは、加入者と情報処理センターのサーバ間で電子マニフェスト情報のデータ授受を行う方式で、電子マニフェスト情報の登録を効率的に行うことができます。
EDI方式を利用するには、情報処理センターが定めるJWNETに接続するための「EDI方式電子マニフェストシステム接続仕様書」に基づいて、加入者専用のEDIシステムを構築したり、ASP事業者が提供するサービスを利用する方法があります。

電子マニフェストシステムへのアクセス方法

マニフェストシステムへのアクセス方法

EDIシステムの特徴

EDIシステムには、次のような特徴があります。

  • 加入者の自由な設計でシステムを構築可能
  • 多量のマニフェスト情報を送受信可能
  • 複数加入者のマニフェスト情報をまとめて送受信可能
  • Web方式と併用して利用可能
  • 社外サービスの利用(ASP活用)

ASP事業者リストのリンク