ページの先頭です。
本文へジャンプする。

運用ケース

4つの運用ケース

JWNETの具体的な運用方法は次の4つのケースに分かれています。

運用ケース1

1次マニフェスト、2次マニフェストともに電子マニフェストを利用する場合

運用ケース2 

1次マニフェストのみ電子マニフェストを利用する場合

運用ケース3 

2次マニフェストのみ電子マニフェストを利用する場合

運用ケース4 

2次マニフェストが発生しない場合(1次マニフェストで最終処分となる場合)

◎中間処理業者が電子マニフェストを利用する場合は運用ケースによって利用機能区分を選択してご加入ください。

<中間処理業者加入時の利用機能区分の選択について>

運用ケース1:処分業者(報告・2次登録)として加入します。

運用ケース2:処分業者(報告のみ)として加入します。

運用ケース3:処分業者(2次登録のみ)として加入します。

<最終処分業者加入時の利用機能区分の選択について>

処分業者(報告のみ)として加入します。