ページの先頭です。
本文へジャンプする。

電子マニフェスト導入のメリット

電子マニフェストの導入により、事務処理の効率化を図ることができるとともに、データの透明性が確保され、法令の遵守を徹底することができます。

簡単! 事務処理の効率化

  • 入力操作が簡単で、手間がかかりません。
  • 画面上で廃棄物の処理状況を容易に確認できます。
  • マニフェスト情報をダウンロードして自由に活用できます。
  • マニフェストの保存が不要です(保存スペースも不要)。

しっかり! 法令の遵守

  • 法で定める必須項目をシステムで管理していますので、入力漏れを防止できます。
  • 運搬終了、処分終了、最終処分終了報告の有無を電子メールや一覧表等で確実に確認できます。
  • 終了報告の確認期限が近づくと排出事業者に注意喚起します。
  • マニフェストの紛失の心配がありません。

確実! データの透明性

  • マニフェスト情報は情報処理センターが管理・保存しています。
  • セキュリティも万全です。
  • 排出、収集、処分の3者が常にマニフェスト情報を閲覧・監視することにより、不適切なマニフェストの登録・報告を防止できます。

安心! 排出事業者の産業廃棄物管理票交付等状況報告が不要

  • 電子マニフェスト利用分は、情報処理センターが都道府県等に報告します

紙マニフェストとの事務処理費用の比較例

紙マニフェスト運用の労務工程 電子マニフェスト運用の労務工程
業務 時間/年 業務 時間/年
1.紙マニフェスト発行業務 2,600 1.電子マニフェスト発行業務 250
2.紙マニフェスト管理業務 500 2.電子マニフェスト管理業務 150
3.紙マニフェスト交付等状況報告業務 300 3.電子マニフェスト登録等状況報告業務 0
合計 3,400 合計 400

業務時間短縮

アンケート調査結果

アンケート結果

電子マニフェストの使用状況に関するアンケート調査結果(概要)(平成24年4月)[PDF(140KB)]